【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20190111142253j:plain

上場仮想通貨「ACDコイン」とは

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」市場規模

上場仮想通貨「ACDコイン」の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

上場仮想通貨「ACDコイン」最新進捗状況

上場仮想通貨「ACDコイン」の進捗状況を最速でお届けします。

 

 

f:id:tradecommunication:20190111141907j:plain

  • 上場仮想通貨「ACDコイン」、「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」まとめ

 

f:id:tradecommunication:20190111141929j:plain

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開していきました。

上場仮想通貨「ACDコイン」が参加するインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」は、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているもので、アジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されるそうです。

今後【ACDコイン】は、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献していくと考えているそうです。

上場仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20181226113307j:plain

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」最速進捗状況

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の進捗状況を最速でお届けします。

f:id:tradecommunication:20181212145506j:plain

The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.
The protocol has two parties - the Buyer (B) and the Seller (S). The system also has an intermediary that can hold money and validate the data. However, unlike conventional data exchange algorithms, this intermediary in DISCIPLINA is a blockchain — a decentralized ledger with a consensus mechanism that can ensure the validity of all the transactions.
Each party will have the opportunity to determine the validity of the data. If any disputes occur, the parties will use blockchain as a final judge: the chunk of data that the Buyer claims to be invalid is observed by the nodes of the network, and then the Buyer decides whether the data is valid or not. It should be noted that the blockchain nodes will not have access to the data as long as the parties agree on the fairness of the deal.Before making a deal, the Buyer will have to notify the nodes about the function that will be used for the validation. Each chunk of the traded data will have to be valid in terms of this validation function. The Seller then encrypts the data with a session key, computes a Merkle root of the encrypted data, and puts this Merkle root in the publicly available chain of blocks.The Buyer creates a session keypair and makes a transaction, making the session public key available for everyone. They also send coins that are locked on the smart-contract with this transaction.
The Seller sends a fixed security deposit to the contract and waits for a pre-agreed confirmation period in order to be sure there is no chain rollback. They send the encrypted data chunks to the Buyer off-chain, which allows to avoid storing a big amount of information in the blockchain and disclosing the entire dataset in case of dispute.After the Buyer confirms that they have received the encrypted chunks, the Seller publishes a session key encrypted with the public session key of the Buyer.Now the Buyer can decrypt the data. This stage has two possible scenarios:1. If the Buyer finds out that some data chunk is invalid, they can just identify that invalid chunk and reveal his private session key. Any user can then decrypt the chunk and apply the validation function. In order to prove that this chunk was indeed among the data that the Seller sent to the Buyer off-chain, the Buyer also provides a Merkle path of this chunk. In the event that the Buyer can prove the data is invalid, they receive their money back, along with the security deposit initially provided by the Seller.
2. If all the data is valid, the Buyer acknowledges it through the on-chain transaction. If they fail to do so, the contract automatically sends the money to the Seller after a certain time period.

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判

「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:tradecommunication:20181212145832j:plain

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきました。

今回公開した最速進捗状況を訳すと、アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

評判はまだ出ていませんでしたが、教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20190111141929j:plain

上場仮想通貨「ACDコイン」とは

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」市場規模

上場仮想通貨「ACDコイン」の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

上場仮想通貨「ACDコイン」最新進捗状況

 

上場仮想通貨「ACDコイン」の進捗状況を最速でお届けします。

f:id:tradecommunication:20190111141907j:plain

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

 

 

  • 上場仮想通貨「ACDコイン」、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:tradecommunication:20190111142253j:plain

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」の最速進捗状況を公開していきました。

Bitcoin.comと暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結し、この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、グローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能となるそうです。

また、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始し、『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となるそうです。

上場仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

 

 

 

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20181212145506j:plain

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」最速進捗状況

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の進捗状況を最速でお届けします。

f:id:tradecommunication:20181226113307j:plain

  • データ公開の安全性を保証

 

The DISCIPLINA project aims to make the working conditions of educational institutions and teachers as convenient and beneficial as possible by providing them with the opportunity to monetize the data on student academic achievement. DISCIPLINA will allow recruiters to search for verified records on education and pay for the access to the data on specialists they are interested in.
To implement this idea correctly, it is necessary to consider every detail and provide protection from fraud, since there is a risk that any educational institution may start selling falsified data to recruiters.
Such situations can be avoided if there is a trusted intermediary that can observe the data transfer and hold the money. It is also possible to use an “optimistic fair exchange” algorithm for these purposes, where the intermediary acts as a judge and does not always have to be online.
The implementation of a data exchange protocol without an intermediary is a more complicated task. In such situations, the integrity of data exchange is only probabilistic. The specificity of these protocols is that two parties exchange chunks of data, increasing the certainty that the other party plays fair.
The DISCIPLINA team had a goal to develop a protocol of data exchange that doesn’t require a trusted intermediary and at the same time guarantees the absence of fraudulent actions from both parties. To do this, the project team decided to employ blockchain technologies.
In the next article, we will tell you about the technological implementation of the DISCIPLINA data disclosure protocol.

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判

「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:tradecommunication:20181212145832j:plain

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきました。

今回公開した最速進捗状況を訳すと、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

評判はまだ出ていませんでしたが、教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

 

 

【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」とは?仮想通貨特徴や上場取引所など徹底解説!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新仮想通貨情報】上場仮想通貨「ACDコイン」とは?仮想通貨特徴や上場取引所など徹底解説!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」とはどんな仮想通貨なのか?仮想通貨特徴や上場取引所など徹底解説していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20190111141907j:plain

上場仮想通貨「ACDコイン」とは

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


ACDホームページはこちら

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

 

「株式会社ACD」とは?

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」市場規模

上場仮想通貨「ACDコイン」の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」上場情報

上場仮想通貨「ACDコイン」は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

 

f:id:tradecommunication:20190111141929j:plain

ACDコイン、コインスーパーに上場決定

株式会社ACD(東京都江東区 代表取締役 園田康博)が発行するACDコインが、仮想通貨取引所であるコインスーパーにて、取扱いが決定したことをお知らせいたします。
12月28日よりコインスーパーにて取り扱いが開始されます。
コインスーパーは下記のサイトになります。
https://www.coinsuper.com/

コインスーパー 会社紹介
Coinsuper is a world leading digital asset exchange. We are a global elite team with extensive experience in financial advisory, compliance, wealth management and most importantly, cryptocurrency and financial technology. Apart from a very strong team, Coinsuper adopts methods such as SSL technology, multi-signature cryptocurrency wallets, offline capital management to ensure the security and stability of the platform. We also adopt google authenticator in customer login and fund/BTC withdrawal. All these are to ensure that our customers' assets are well protected.
We treat Security, Compliance and Stability as our primary focus and are committed to providing customer-oriented, efficient, professional and secure trading services to our valuable customers.

 

 

 

上場仮想通貨「ACDコイン」仮想通貨特徴・トークンセール情報

仮想通貨概要

 

トークンセール詳細

  • セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
  • ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
  • ソフトキャップ: 3000 万 ACD
  • ハードキャップ: 3 億 ACD
  • 販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
  • 販売予約受付期間
  • ・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
  • ・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
  • ・ 第3期プレセール: 未定
  • 交換レート
  • ・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。

 

上場仮想通貨「ACDコイン」プロジェクトメンバー

上場仮想通貨「ACDコイン」のプロジェクトメンバーは、政治・金融・経済のプロフェッショナル達で構成されています。
主なメンバーの詳細は下記の通りです。

 

上場仮想通貨「ACDコイン」ロードマップ

上場仮想通貨「ACDコイン」のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:tradecommunication:20190111142018j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

上場仮想通貨「ACDコイン」特許技術

ACDは、「ACDプロジェクト」を支えるために特許技術を多数所持しているので紹介していきます。

・ 特許番号:特許第 6047679 号 (P6047679)「商取引システム、管理サーバおよびプログラム」
登録日 (発行日):2016/11/25 (2016/12/21)
・ 特許番号:特許第 6088100 号 (P6088100)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/02/10 (2017/03/01)
・ 特許番号:特許第 6169296 号 (P6169296)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/07/07 (2017/07/26)

 

上場仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:tradecommunication:20190111142253j:plain

今回は、上場仮想通貨「ACDコイン」とはどんな仮想通貨なのか?仮想通貨特徴や上場取引所など徹底解説していきました。
上場仮想通貨「ACDコイン」】は、ANA全日空)が絡んでいたので以前から評判になっていました。
特許も多数取得しており、ANA共同企業体、巨大な市場規模、すでに上場済みと期待できますね。
上場仮想通貨「ACDコイン」が気になった方は注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20181226113307j:plain

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」最速進捗状況

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の進捗状況を最速でお届けします。

f:id:tradecommunication:20181212145832j:plain

  • プロジェクトの対象者について発表

 

Who can use DISCIPLINA

Since the DISCIPLINA project is being developed specifically for the education and recruiting spheres, it is people and institutions that participate in these fields that will benefit most from the system.
For instance, any educational institutions and private teachers will be able to register on DISCIPLINA to provide educational services. These are state and private offline and online organizations, tutors, educational centers for children, instructors, teachers, coaches, universities, academies etc.
Thanks to DISCIPLINA, they will have the opportunity to store the data on their students’ academic achievement in a single resource that prevents data loss or forgery. It will also be possible to provide recruiters with the access to this data with the consent of students, which will be a perfect opportunity for educational institutions to receive additional income.
Any person that is studying or would like to find an educational programme for themselves or for their friends and family can register on DISCIPLINA as a student to study or to post information on their academic and career achievements.
They will be able to find high-quality educational opportunities with the help of reliable ratings of educational institutions, as well as to create a verified CV and to establish a clear career path.
HR-agencies, private HR-agents, platforms for personnel search, employers and entrepreneurs will be able to register on DISCIPLINA as recruiters to get access to trustworthy information on candidates’ education and achievements.
Thus, it will be much easier for these users to select candidates, as their CVs will be completely transparent and reliable.

 

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判

「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:tradecommunication:20181212145506j:plain

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきました。

今回公開した最速進捗状況を訳すと、DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されており、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することが可能だそうです。

評判はまだ出ていませんでしたが、教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

【最新ブロックチェーン情報】教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開!|取引所通貨~これで人生が変わった~

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきます。

 

 

f:id:tradecommunication:20181212145832j:plain

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

 

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」最速進捗状況

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の進捗状況を最速でお届けします。

f:id:tradecommunication:20181226113307j:plain

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」が信頼するにふさわしいウェブサイト構築を公開


It is easy today to encounter a great number of educational institutions that either provide low-quality services or are fictitious. The DISCIPLINA project is being created specifically to prevent such institutions from appearing.
To do this, the project team will implement a Web of Trust (analogous to PGP) into the web protocol. Web of Trust will help system participants set their levels of trust in each other.
Thanks to the implementation of this protocol, DISCIPLINA will have no “verification centres” that have an unlimited right to register or, vice versa, refuse the registration of an educational institution.
This system will help recruiters understand which educational institutions are worth cooperating with and which are not. The value of the grade given to a student will depend on the rating of the educational institution at the time the grade was awarded. Thus, it will be easier for people to choose an educational institution, since they will rely on verified reviews and quality ratings.
To understand how participant rating is formed in DISCIPLINA, let’s imagine that several educational institutions (A, B and C) and recruiters (D and E) registered in the system.
A and B are reputable universities that recognize each others’ diplomas, which are highly evaluated by recruiter D. However, the diplomas of university C are only worth the trust of recruiter E.
To calculate the total rating, we need to choose participants whose reputation is undoubted - these are university A (a recognized leader in the field we are interested in) and recruiter D (a company that is famous for its demanding candidate selection). University B will be added to our web of trust automatically, while participants C and E will be considered as untrustworthy.

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がDISCIPLINAを分散化させる方法を公開

The reality is that it is difficult to forgo centralization even in a system such as blockchain. For example, in classical PoS models with compulsory delegation, the key organization is responsible for the entire community over a long period of time. Thus, the performance of the entire system depends on this organization, and not on the community.
The project team aspires to ensure real decentralization in the DISCIPLINA network. After the launch of MainNet they are planning to form a token technical pool that will prevent any stakeholder from having a large share (more than 50%).
The technical pool will be formed in such a way that the share of tokens from the total volume of token issue will be 45%, and this will be distributed between three independent organizations.

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判

「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:tradecommunication:20181212145506j:plain

今回は、教育とリクルート業界向けのブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の評判や最速進捗状況を公開していきました。

今回公開した最速進捗状況を訳すと、信頼するにふさわしいウェブサイト構築については、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行い、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様にするそうです。

また、DISCIPLINAを分散化させる方法については、DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しているとのことです。

 

評判はまだ出ていませんでしたが、教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!